最近は即日融資可能を謳っているキャッシングやカードローンが多くなりました。

急いでいる方にとって申し込んだ当日にお金を借りる事が出来るのは大変嬉しいサービスですよね。

消費者金融は銀行系カードローンに比べ金利は高めですが、その分融資までの対応が非常に早いです。

ですから即日融資を希望されるのであれば消費者金融に絞って申込みするのが良いかと思います。

消費者金融でも中小サラ金と大手消費者金融とでは、即日融資の条件が異なりますので注意が必要です。

中小サラ金でも即日で貸し付けを行っているところはありますが、基本はその日のうちに来店して契約することが必須となります。

その場で手渡し若しくは銀行振込による融資かと思いますが、いずれにしても店舗が近くにない方ですと即日融資は不可能ということになります。

中小サラ金の中には自動契約機を設置しているところもあります。

店舗ではなく自動契約機でも条件を満たせば即日で借りれる可能性はあるでしょう。

但し中小サラ金の場合、店舗数がかなり少ないです。

地域密着型のカードローン業者が殆どですから、店舗が所在する地域にお住まいの方しか利用できないケースが殆どです。

また平日のみ営業で土日祝日や夜間対応しているところは殆どありません。

平日でしかも日中に手続きできる方しか利用できませんから、条件的にかなり厳しいです。

大手消費者金融の場合、即日融資の方法は銀行振込とローンカードの2択から選ぶことが出来ます。

銀行振込の場合は一切来店せずに融資を受けられますので、仕事で来店する隙がない方でも安心です。

銀行振込が間に合わない場合でもローンカードで借入すれば問題ありません。

自動契約機では契約が完了するとその場でローンカードを発行してくれます。

その日のうちにカード発行まで出来れば直ぐに借りれるので非常に便利です。

大手消費者金融は全国各地に設置していますから、最寄りの自動契約機を探すのもそう難しいことではありません。

銀行振込による即日融資の場合は、銀行の営業時間終了までに間に合わせる必要があります。

基本的に銀行は15時営業終了となりますので、それまでに振込手続きが完了していないと当日中に借入れができなくなります。

振り込み手続がギリギリですと間に合わない可能性が有りますので、手続は出来るだけ早く終わらせるのが確実です。

条件は各カードローン業者によって異なりますが、大体は平日14時までに契約を完了させることを条件としているところが多いです。

審査に時間がかかることも考慮して申し込みは午前中に済ませておくのが良いでしょう。

可能であれば前日の夜に申し込みしておくのが理想です。

インターネットなら24時間申し込み可能ですから、出来るだけ早めに申し込みしておくことです。

銀行振込は平日のみ、しかも15時までですから土日は対応できません。

その場合は自動契約機を使って契約手続きしましょう。

自動契約機を使っての借入の場合は、来店不要とはいきません。

当然ながら自動契約機に一度は行かなければいけませんので、申し込み前に近くに自動契約機があるか確認してくださいね。

申し込みも出きますが、わざわざ自動契約機で申込んでその場で審査結果を待つのは効率が良くありません。

万が一審査に落ちた場合は無駄足となりますので、申し込みはインターネットで済ませておき、審査に通過してから自動契約機に向かいましょう。

また、その際は必要書類を持参することを忘れないで下さい。

書類は本人確認書類と収入証明書の2点です。

どちらもコピーで構いません。

自動契約機にてオペーレーターの案内に従って手続を進めていけばOKです。

契約が完了すると数分後に専用のローンカードが発行されます。

受け取ったその日から借りれるので安心してくださいね。

自動契約機は平日の夜間や土日祝日でも契約手続きが可能です。

自動契約機の営業時間はカードローン業者によって若干異なりますので、営業時間は必ず確認しましょう。

また、審査時間は営業時間同様では無いケースが多いです。

例えば自動契約機が夜の10時まで営業していても、審査可能な時間は夜8時までの申し込みに限るといった条件があります。

自動契約機の営業時間と審査可能な時間が一緒とは限りませんので、この点は注意が必要です。

インターネットで申し込み可能ですから、時間が空いている時にサッと申し込みしてしまえば良いでしょう。

自動契約機でカードローン契約する場合は必要書類を忘れないように注意しましょう。

上記で説明したように、本人確認書類と収入証明書の2点が必要です。

但し消費者金融の場合、収入証明書は申込金額が50万円を超える場合、もしくは他社借入金額と合わせて100万円を超える場合にのみ原則必要となります。

本人確認書類は運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれかでOKです。

現住所と記載されている住所が異なりますと利用できませんので、かならず確認しましょう。

収入証明書は給与明細・源泉徴収票・確定申告書・納税証明書等です。

必要書類は業者によって微妙に異なりますので、自動契約機に行く前に担当の方に必ず確認を取りましょう。

借金のない生活を送るのが理想的ですが、「急な出費や冠婚葬祭が重なってしまった」「事故やや病気で入院することになったなどやむを得ない事情でお金を借りる必要がある」…という経験をされたことがあるという方は多いことでしょう。

そのような緊急を要する時、消費者金融のカードローンなら即日で融資可能ですので非常に便利です。

消費者金融のカードローンは、平日だけでなく土日祝日でもその日のうちにお金を借りれるので、いざという時に頼りなります。

また、設定された利用限度額内であれば繰り返し借り入れも出来ますから必要な時に必要な分だけといった使い方も出来ます。

このように消費者金融ならお金を借りたいと思った時に借りる事が出来ます。

ただし、一見メリットだらけのように思える消費者金融のカードローンですが、デメリットも存在します。

消費者金融カードローンの一番のデメリットは、融資金利が高いことです。

カードローンの説明欄には年4.5%~17.8%といったように金利が表記されていることが殆どです。

これを見て年4.5%の低金利で融資をを受けれると思う方は意外と多いのではないでしょうか?

殆どの人は利息の%最低の方に着目します。

ですが消費者金融の場合、初回契約では最大金利が適応される可能性が非常に高いです。

実際に消費者金融に問い合わせていただければ分かるかと思いますが、ほぼ間違いなく上限金利からのスタートになると答えるでしょう。

ですから消費者金融では初回契約は必ず上限金利になるものと思ったほうが良いかと思います。

「じゃあ低金利でお金を借りたいと思っても諦めるしかないの?」と思うかもしれませんが、契約時に設定された金利は下げることが可能です。

とは言え、低金利にして欲しいといった所で金利を下げてもらえるわけではありません。

契約後の利用状況と限度額に応じて金利は下げられるものですから、自分が希望したからといって利息を安くしてもらうことは出来ないのです。

因みに貸金業法では10万円未満の借入なら金利は20%、10万円以上100万円未満なら18%、それ以上なら15%と定められています。

100万円以上の借入枠が無いと15%台になりませんから、かなり条件はシビアといえます。

消費者金融のカードローンは、原則無担保・無保証人で融資を行っています。

消費者が返済できない場合、売却できる担保などがありませんから最悪の場合回収不可能という利息が存在します。

銀行よりも消費者金融のほうが利用しやすいため、金銭的に余裕が無い人が利用するケースが多いです。

金銭的に余裕のない人に貸し付ければ返済が滞る可能性も否定できません。

実際に消費者金融で3ヶ月以上の延滞をしている人は5%以上いると言われているほどです。

そうなると当然督促などの費用も発生しますので金利を安く設定することが出来ないのです。

また以前よりも認知度が高まっている借金整理で自己破産を取る人も多くなっています。

自己破産をすれば返済をしなくて済みますから、貸付た側の業者は泣き寝入りと言った形を取らざるを得ません。

このようなリスクがあるため、消費者金融のカードローンの金利は高く設定されているのです。

こうした背景もあり消費者金融で低金利で融資を受けることはまず無理と言ってよいでしょう。

よほど高額な借入れをしていて実績もそれなりにないと、上限金利に近い金利で借り続けることになると思ったほうが良さそうです。

消費者金融でも中小サラ金よりかは大手のほうが幾分金利は安く設定されています。

少しでも利息が安い消費者金融で借りたいのであれば大手を利用すると良いでしょう。

低金利でお金を借りたいのであれば銀行のほうが断然安いです。

下限金利もそうですが上限金利でも14.5%前後ですから消費者金融で借りるよりもかなりお得です。

但し金利が安い分審査に通るのはかなり難しいです。

銀行の場合、保証会社と銀行の2社で審査を行ないますので基準がかなり厳しくなっています。

銀行で借りたいと思ってもそう簡単に融資してくれるわけではありません。

ですから結局は消費者金融を利用するハメになる可能性が非常に高いです。

繰り返しになりますが消費者金融の金利は非常に高いです。

ですが定められた条件を満たすと利息無しで融資を受ける事が出来るのをご存知でしょうか?

実は大手消費者金融の中には一定期間無利息で貸付を行っている業者があります。

例えば「融資を受けた日から30日以内に返済すれば利息負担はゼロ」といったように、定められた期間内に返済できれば利息負担無しでキャッシングが可能となります。

何度も利息無しで借りれるわけではありませんが、一時的にお金が必要で直ぐに返済できる場合は、この無利息サービスを活用するのも1つの手かと思います。